読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「楽」を極めるシンプルライフ

ズボラで気楽なシンプルライフを目指すブログです。

書評「私のウチにはなんにもない」

f:id:yururakuchan:20170320060559j:plain

先日、ゆるりまいさんの著書「私のウチにはなんにもない」シリーズ(全部じゃないけど)を読みました。彼女、捨て変態という性癖の持ち主で、何でもかんでも捨てたくなるそうです。なかなか捨てられない僕にとってはうらやましいです。それにしても何もないガラーンとしたお部屋、憧れますねぇ。引越ししたてのような、モデルルームみたいな生活感のない部屋ってステキすぎる(羨望)!

この本を読んで思ったことは、モノを持たない人の共通点はお気に入りのモノを厳選して持つということですね。必ず使うものや絶対に必要なもの、自分にとってなくてはならないものを厳選して、残りは手放す。そのかわり、多少値段が高くてもお気に入りのものを所有しているように思います。

あと感銘を受けた部分は「捨てるのに迷ったら、ひとまずそのモノとの距離を置いてみて、自分に必要なものなのかを確かめる方法」です。断捨離をしていると、捨てるかどうしようか迷うものってたくさんありますよね?そんなときは、それをひとまず物置きなどにしまっておいて、しばらく目につかないようにしておくんです。僕は勝手にそれを"仮ゴミ箱"と名付けてるんですけど、迷ったものは"仮"に捨ててみる。その後生活になんの支障もきたさないなら、それはなくてもいいってことです。本当のゴミ箱に捨てることができます。不思議なことに、仮に捨ててみると、それが本当に必要ないものならばあるときそのモノへの執着がフッと取れていきます。必要であれば「やっぱり必要だ」という気持ちが芽生えてきます。僕はこの方法で服を半分くらいに減らしました(それでもまだまだ大量に服がありますが…)。

ゆるりまいさんの本は、汚部屋時代の頃から現在に至った経緯や、モノを捨てる上での自分なりのルールや気をつけていることなど、マンガ形式で面白おかしく描かれているのでとても読みやすいと思います。

これから断捨離を始めようという人や、断捨離初心者の僕のような人にはオススメです。