読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「楽」を極めるシンプルライフ

ズボラで気楽なシンプルライフを目指すブログです。

着る服がない

f:id:yururakuchan:20170510075615p:plain

みなさんはどれだけ服を持っていますか?オシャレに気をつかう人はそれなりに持っていると思いますし、部屋の中が服で埋もれている人もけっこういるんじゃないでしょうか。ただ、その人が出かける際に発するのが「着るものがない」という言葉です。他人からしたらちょっと理解不能ですよね?「いやいや、自分の部屋よく見てみろよ!服なんてそこらじゅうに散らかってるじゃねーか!むしろ部屋中服まみれじゃん!」とツッコミを入れたくなります。ところが、本人にとって服はあっても"着る服"はないのです。あるのにない、ないのにある。禅問答のような状況に陥っているのです。

気に入っているけど流行遅れの服、サイズが合わない服、お気に入りってわけじゃないけど捨てる理由もない服、いざというときの為だけに着る勝負服。それらは"今"着る服ではなく、"いつか"着る服です。もちろんそれがいつなのかは誰にもわかりません。1年後かもしれませんし、10年後かもしれません。もしかしたら、その日は一生やってこないかもしれません。

服はたくさんあっても、実際に着る服はその中のほんの一部ではないでしょうか。しかも、そのほんの一部をヘビーローテションしている。だったらそれだけを残してあとは捨てればいいじゃない?と思いますが、本人は言います。「いつか着る」と。

いつか着る服は、その"いつか"が来たときに買えばいいんです。とにかく今は、今の年齢、体型、雰囲気に合った服だけを厳選して着ればいいと思うんです。本人が言ういつかは、そのいつかのときに似合う服を着る。もしかしたら、その"いつか"の自分は見た目や好みも変わっていて、今ある服に魅力を感じていないかもしれません。流行が来たら着たいと思ってる服も、時代の流れでやはりどこか型落ち感があったり、古臭さがただよっています。流行が回ってきても、やはり一昔前の服なのです。

いつか着ると思いながら、タンスの肥やしになっている服はいくつあるでしょう?僕はけっこうあります(反省)。クローゼットの中身を厳選し、本当にお気に入りの服だけを残していきたいと思います。"着るものがない"から"着ないものはない"ようにしていけたら嬉しいですね。