「楽」を極めるシンプルライフ

ズボラで気楽なシンプルライフを目指すブログです。

生活のシンプル化

f:id:yururakuchan:20170714200158p:plain
このブログのテーマであるシンプルライフですが、生活をシンプルにするって意外と難しいんですよね。
モノを減らして部屋をシンプルにするにしても、いろんな思考が邪魔してなかなか捨てられない。服を減らして着るものに悩まなくしようとしても、もったいなくて捨てられない。食生活をシンプルにしようとしても、やっぱり甘いものやジャンクフードの魅力から抜け出せない。暮らしを快適にするためにシンプル化したいのに、それ自体が自分を苦しめてしまいます。これじゃまるで、修行です。シンプルライフとは、自分の欲や執着との戦いなのでしょうか?
シンプルっていうのは、本当はすごく簡単なことなんです。現在の生活から、無駄なものを削ぎ落としていく作業です。本当は必要ないけど惰性でやっていること、本当は要らないもの、それらを捨て去ればいいんです。
それができれば苦労しないんですが、でもやってみると意外となんでもないことだったりします。以前の僕はベッドを捨てるなんて考えもしませんでしたが、いざ捨ててみるとそれはそれで快適だったりするんです。
シンプルライフとは、何かを始めることではなく何かを辞める生活です。人生の時間は限られています。何かを始めるには、別の何かを辞めなければなりません。自分にとって本当に大切なものを見極め、厳選していく。そういう作業の繰り返しで人生はどんどんシンプルになっていきます。大事なもののために、いらないものを手離すことで、今まで諦めていたことに取り組むことができる。無駄なことに浪費していた時間を、自分の人生にとって重要なことに使うことができるんです。
今の自分にとって無駄な行為は何なのか。いらないものは何なのか。自分にとっての無駄をどんどん手離していけば、それだけで心も軽くなっていきます。
僕にとっての無駄だったものは、ベッドやハンガーラック等の家具や財布、シャンプーやリンス、マンガやゲーム機等です。他にも挙げたらキリがないですね。これらはよく考えたらいらないものでした。以前は全て持っていたんですが、自分にとってのシンプルな生活を考えたら、必要ないものだと感じました。ただ、人によってそれぞれ必要なものの差はあると思います。
無駄だった行為は、喫煙習慣、だらだらとテレビを見ること、ソーシャルゲーム、何時間ものネットサーフィン、無意味な夜更かしです。...まだすべて捨てきれたとはいえないんですけど(苦笑)。考えたら他にもまだまだある気がします。
場合によっては、人は何かを始めることよりも、何かを辞めることの方が難しいのかもしれません。何かを始めるには勇気がいりますし、辞めることはそれがなくなることへの不安や、欲望を払拭する必要があります。
シンプルライフは、自分自身の身の回りを取捨選択していくことで成り立つような気がしています。つまりそれは手に入れるものというより、自分にとって必要な事柄だけを選択していった結果、そうなった状態のことを、シンプルライフと呼ぶのではないでしょうか。。。
う~ん、シンプルってイマイチよくわからん...。

広告を非表示にする