「楽」を極めるシンプルライフ

ズボラで気楽なシンプルライフを目指すブログです。

肌断食の人の紫外線対策

f:id:yururakuchan:20170714200255p:plain
洗顔料を使わない、シャンプーしない、化粧品も使わない。肌断食は、肌に一切人工物を塗らないで過ごすことをいいます。肌に人工物を投与すると、肌に負担がかかり肌が衰えます。ですから定期的に肌に何もつけないで、肌を休ませてあげなければいけません。
この時期は、日差しがだんだん強くなっていきます。紫外線の影響で肌がボロボロにならないように、特に女性は何らかの対策をしていると思います。では、肌断食をしている人はどのように対策をしているのでしょうか。
日傘や帽子等で直射日光を防ぐのはもちろん、なるべく外を歩かない、出掛けるときはなるべく日陰を歩くなんていった努力をしている人もいますよね。
日焼け止めクリームはどうでしょう。日焼け止めクリームは肌によくありません。しかし塗らないと紫外線を防げません。ここでジレンマが起きてしまいます。僕の見解では、長時間外で過ごすなら日焼け止めクリームは塗った方がいいと思います。日焼け止めクリームの害より、紫外線の害の方が大きいと感じるからです。ジリジリと照らす夏の日差しは、紫外線がとても強いです。なので紫外線の影響の方が大きいように思いますが、どうでしょう?
あと気をつけなければならないのは、日傘で直射日光を防いでもコンクリートアスファルトからの照り返しがあることです。短時間なら日傘だけでもいいと思いますが、長時間外を出歩くとなればやはり日焼け止めクリームは塗らざるを得ないかなぁと思います。
「日焼け止めクリームの害 < 紫外線の害」
の場合は日焼け止めクリームを塗り、そうじゃなければ日傘や帽子等で乗りきるのが一番です。そこの見極めは難しいですので、天気や外出先を考慮して、自分なりにルールを作った方がいいかもしれませんね。
つまりまとめますと、紫外線対策として、普段はなるべく紫外線対策グッズで乗り気って「今日紫外線ヤベーな」とか「今日は外に出る時間多いしな」思ったら迷わず日焼け止めクリームを塗りましょう。ちなみに僕は、夏の晴天時の海やバーベキュー、外で運動するときにつけるときもあるくらいかなぁっていう感じで、全くつけないといってもいいくらいです。まぁ男ですし、そこら辺はわりと適当ですね。それでは良い夏を!