「楽」を極めるシンプルライフ

ズボラで気楽なシンプルライフを目指すブログです。

コミュニケーションUP法

僕は人とのコミュニケーションが得意ではありません。むしろヘタクソです。人と話すのがめんどくさいとさえ思ってしまいます。正直、コミュニケーションが得意な人が羨ましい。
昔から、仕事の現場で必要なのはコミュ力だコミュ力だと騒がれていますが、一体コミュ力ってなんなんでしょうね?臆することなく初対面の人と話せたり、受け答えがうまかったり、自信のある話し方ができたり...とまぁいろいろありますが、コミュ力って性格にかなり左右されるように感じるんです。
会話のテクニックとかを学んでも、本番の会話になると全然生かせない。頭でテクニックを思い出して使ってやろうとしても、その間に会話はどんどん先に流れていってしまいます。会話は生き物ですから、この場合はこのテクニック!あの場合はあのテクニック!なんて頭で考えていたら、会話がとてもぎこちなくなりますし、スムーズに受け答えなんてできません。自分がこう言えば相手はこう言って、そしたら自分はこう返して...なんて頭でシミュレーションしても、相手が少しでもシミュレーションと違う反応をしたらもうお手上げです。
コミュ力を上げるためにできることはなんでしょうか。合コンや街コン、出会い系のイベント、サークルなど、人と話す場所に積極的に参加することはいいことだと思います。しかし参加するのにしても、毎回安くないお金が飛んでいきますし、参加したところで全く話せなければ意味がありません。
そこでいい方法があります。お金もかからず気軽にできて、毎日鍛えられる画期的な方法です!僕もまだやり始めたばかりですが、なかなか調子がいいような気がします。これを続ければ、コミュ力が格段にUPすると思います。
その方法とは「テレビにツッコミを入れる」ことです。テレビのバラエティ番組等ではタレントさんたちがトークをしていますが、そのトークにツッコミを入れます。司会の人がゲストのトークに対してよくツッコミを入れていますが、それと同じように、自分もその番組に参加しているような気持ちで次々とツッコみます。
おもしろいツッコミを入れてやろうなんて気負わずに、とにかく量を重視してください。できれば10秒に1回くらいの間隔でツッコミを入れてみましょう。
はじめは何を言えばいいのかわからずうまくツッコめないと思います。「マジかよ!」とか「すげぇ!」とか、そんな相槌程度しか言えません。しかしそれでも、あなたの脳はフル回転しているのです。タレントの話に集中し、どこにツッコミどころがあるのか、さまざまな角度から観察しています。これをを繰り返し訓練していくと、トーク力がどんどん鍛えられていきます。話の膨らませ方、盛り上げ方、切り返し方、面白さの引き出し方など、実践に近い形で自然と身に付けられます。
また、まれに他のタレントのツッコミと自分のツッコミがカブッたりすることもあると思いますが、その時はちょっと嬉しくなります。
上達していくと、ノリツッコミの他に例えツッコミなんかもできるようになるかもしれません。そこまでくれば、あなたも立派な上級者です。ツッコミがどんどん楽しく感じられるはずです。
そもそも会話とは、相手の言ったことに対して頭の中でじっくりと反芻して言葉を返すのではなく、話の内容に応じて自然と言葉がついて出てくるものです。コミュニケーションが苦手な人というのは、会話が下手という以前に返す言葉が思い浮かばないことに原因があります。
話が下手なだけならまだマシかもしれませんが、そもそも話す言葉が浮かんでこないのは重症です。僕はまさにこのタイプでした。相手が話を振ってくれても、それに対して返す言葉がでてこないんです。なので毎回笑ってごまかすしかありませんでしたが、テレビにツッコミを入れていくうちに、だんだん話の内容にに応じて返す言葉が口に出てくるようになりました。
"ちゃんと会話になっている"という事実だけでも、だいぶ救われました。相手と会話が成り立っていることなんて、普通の人には当たり前のことかもしれませんが、引きこもりの僕にとっては革命的なことでした。会話が続かないことで毎回気まずい思いをしていましたし、相手にも同じ思いをさせていたと思います。この気まずさを少しでも払拭できたことは、嬉しいと同時にホッとしている気持ちがあります。もうあんな気まずい思いをしなくてもいいんだと、心が解放されたようです。とはいっても、まだまだコミュニケーションが苦手なことには変わりありませんが(笑)。
家庭にテレビがない人は、YouTubeの動画でも大丈夫です。トークしている動画を見ながら、どんどんツッコミを入れてください。ただ電車の中とかでやるとかなり怪しいので、くれぐれも気をつけてくださいね...。

広告を非表示にする