「楽」を極めるシンプルライフ

ズボラで気楽なシンプルライフを目指すブログです。

サマーセール

7月の後半のこの時期は、いろんなお店でサマーセールが開催されます。普段からモノを増やさないように気を付けている僕ですが、この時期はやはり財布のヒモがゆるくなります。安売りの服を見つけては、ついつい衝動買いをしてしまうんですよね。これで何度失敗したことか...。セール品なので、うかうかしてたら他の人に買われてしまうという競争意識とか、この時期だけ値段が安いから買わなきゃ損!といった消費者の心理なんかをうまく突かれてしまいます。
○%引という文字には、悪魔的な魅力があるに違いありません。例えば同じ一万円のものでも、定価で一万円のAという商品と、50%引で二万円のものが一万円に値下げしたBという商品では、感じる価値に差が生まれます。AとBを同じくらい気に入ったとすると、どちらかを買うとしたら間違いなくBを買うでしょう。同じ値段でも、Bの方がお得感があるからです。
安いという理由だけでセール品を購入すると、購入した日の何日か後にはセールの魔法が解けてしまいます。よく考えたら大してお気に入りじゃなかったなぁなんて思って、結局数回しか着用しなかったり、ひどいときには一回も袖を通さないこともあるかもしれません。一体なぜこんなものを買ってしまったんだろうと悔やみます。しかしそれでも、次のセールでも同じ過ちを繰り返してしまうのです。
安いからお得というのは、本当でしょうか?欲しいものを安く手に入れられれば、それはお得だと思います。しかし、安いからという理由だけで買ってしまうと、それは損になります。二万円が一万円に値引きされた商品というのは、一万円分得だと感じてしまいますが、それがいらないものだったとしたら、購入分の一万円をただドブに捨てただけということになります。
今の自分にとって、その商品は本当にお気に入りのものなのか、必要なものなのかということを、落ち着いて見極めなければなりません。そうしなければ、セールは得ではなく損になってしまいます。"安物買いの銭失い"にならないように、セールのときほど慎重になった方がいいですね。
偉そうに言ってる僕ですが、まだまだ損ばかりしています(反省)。今回こそは損しないように気をつけよ~っと!

広告を非表示にする