「楽」を極めるシンプルライフ

ズボラで気楽なシンプルライフを目指すブログです。

1週間断食(6日目)

昨日の夜、またアトピーの痒みが襲ってきた。

たまらずシャワーを浴び、ステロイドを塗る。

断食中はステロイドを使わず乗り切ろうとしていたが、そんな甘い考えは捨て去った。


ステロイドの効き目と、塗ったという安心感もあるんだろう、痒みはじんわりと引いていった。

これで眠れる


6日目の今日、7時前まで寝た。

熟睡できた気がする。


ここまできたら、空腹感はデフォになっている。

お腹が空いている状態は、苦痛ではなくもはや日常なのだ。


相変わらず時間はゆっくりと流れ、一日がとても長く感じる。

断食をした人ならわかるだろうが、ある程度日数を経ていくと、空腹感はそれほど辛くない。


辛いのは「退屈感」だ。


退屈が辛い

そう、断食中は安静にしていなければならないし、そこまで集中力も続かない。

読書で暇を潰すが、一気には読み進められない。

今は村上春樹の「1Q84」を読んでいるが、比喩表現があちこちに散りばめられていて、

読み進めるのが少し面倒に感じる。

それに村上春樹の文体は、キザな面が多々見受けられる。

もう少しサラっと読み進められる本を選ぶべきだったか。

しかし時間はたっぷりある。

ゆっくり読めばいい。



断食をしている中でふと思う。

人はなぜご飯を食べるのだろう。


栄養を補給するため?

食の楽しみを味わうため?

おそらく両方正解だ。

少なくとも現代の日本人は、栄養失調で死ぬことはまずない。

いたとしても、日本人全体のコンマ数%にも満たない


日本人の多くは、栄養が足りなくて病気になるのではない。

食べ過ぎで病気になるのだ。


「腹8分目に医者いらず」


この言葉を誰もが知っていながら、なぜこんなにも食べ過ぎによる病気が増えているのだろう。


砂糖をはじめ、小麦粉などの精製食品の影響による食欲の暴走。

それにメディアによる食への誘い。


食事にお金を使ってもらって、食品や飲食業界がどんどん儲けなければならないのはわかるが、我々消費者までそんなことに付き合う必要はないだろう。

だが街に出れば、食への誘惑がいたるところに転がっている。

これでは食べ過ぎるのも仕方がない。


もう一つ考えられるのは、退屈を埋めることだ。

不思議なことに、モノを食べると退屈感が和らぐ。

体が、消化吸収といった作業で大忙しになるからだろう。

人は、退屈を埋めるために食事をしているのかもしれない。

退屈を埋めるためというのは変な感じがするが、これは断食をした人にしか理解できない感覚だろう。


残すところあと1日だ。

この緩やかに過ぎていく時の流れを、名残惜しむ気持ちもあるわけがない!(笑)

早く過ぎてくれと切実に願うばかりだ。。



体重: 47.5kg   ※初日51.7kg

飲み物: 万能茶