「楽」を極めるシンプルライフ

ズボラで気楽なシンプルライフを目指すブログです。

感謝について考えてみる

周りの人、とくに上の立場の人はよく

「感謝の気持ちを忘れちゃダメだよ」

「感謝しなきゃいけないよ」

と言いたがりますが、はたして感謝ってなんなんだろう?

そんなことをちょっと考えてみたいと思います。



「ありがたい」という言葉、これを漢字で書くと、「有難い」となります。

つまり、本来なら有ることが難しいという意味です。

当たり前ではないことが起きたとき、人はありがとうと言うのです。


人に何か良いことをしてもらったら、それは当然ではなく有難いんです。


お店で店員に親切にされたとき、売り手側だから親切にするのは当たり前だと思いがちですが、そんなことはありません。

当たり前だと思うから、ほんの少しそっけなくされたと感じたとき、腹立たしくなるのです。



ただ感謝が大事だと盲目的に信じ込むだけではなく、もう一歩深く考えてみると、感謝の大切さがより一層わかってくるかもしれません。



他人に対してありがとうと言うことは、他人に感謝を伝える行為です。

言った方も言われた方も、どちらも気持ちいいものです。


何かをしてくれる度にありがとうと言い続ければ、その人は感謝する人になります。

感謝する人になれば、人の縁で生きられるようになるかもしれません。

とてもいい人生だと思います。



もう一歩先を目指すなら、他人から自然とありがとうの言葉をもらうこともできます。

先程とは立場が逆で、感謝される人です。

感謝されるには、人の為に何かをすることです。

感謝されることは、感謝することよりハードルが高いかもしれませんね。



感謝すること、されること。


ありがとうをいっぱい与え、いっぱいいただく人生にしていきたいものです。