「楽」を極めるシンプルライフ

ズボラで気楽なシンプルライフを目指すブログです。

1週間断食(7日目)

ついにこの日が来た!


1週間断食の最終日だ。

長かった

暗いトンネルをようやく抜け出せそうだ。


僕はなぜこんなことをしようと思ったんだろう。

食生活を改善しようと思えば、他に楽な方法があったはずだ。

宿便を出してみたいという気持ちからだったろうか。

しかし今現在、宿便はおろかまともに便が出ていない。

体重だけがコンスタントに減っていく。

しかし今となってはそんなことどうでもいいような気がする。


この断食から解放される。


奴隷が鎖から解き放たれるような気持ち。

もうそれだけで十分だ。

このままいけば、無事完走できる。

嬉しさと同時にホッとしている


明日はお粥でも食べようか。

断食後のお粥は神の味がするというが、今からとてもワクワクしている。

以前までの短期断食ではよく炊いた玄米を食べていた。

かなりおいしかった記憶があるが、神の味とまではいかなかった。

今回は泣くほどおいしいのだろうか。

どんな高級料理よりもおいしいという話も聞くが、とても興味深い。



今回の断食で、僕は何を学んだんだろう。

1週間モノを食べなくても生きていけるという自信。

そしてこの孤独で長い道のりを最後まで完走した達成感。

そんなところだろうか。


あと、確実に全身が引き締まっている。

顔もスッキリして、若返ったような気がする。


回復食を食べて元気を取り戻した後、断食のすごさを今以上に実感できるかもしれない。



あと半日足らずで、この試みも終わりを告げようとしている。



最後に、この1週間断食のレポートを見ていただいた方に感謝する。

一人だけでは達成できなかったかもしれない。

なんせ意志が弱い僕だ。

ブログにでもアップして引っ込みがつかない状況に追い込まないと、達成するのは難しかっただろう。


日々心境をブログに綴ることで、なんとか耐え忍ぶことができた。

孤独な道のりだったが、今思えばやって良かったように思う。

もう二度とやりたいと思わないが。(笑)



言い忘れたが、通販で頼んだ酵素ドリンクは、結局この断食中は届かなかった。

悔しいので、最終日は自分で酵素ドリンクっぽいものを作ってみた。


味噌と米麹を、お湯で溶かしたものだ。

簡単だが、味の方は意外においしい。

薄い味噌汁といった感じだ。

米麹の米のおかげで、糖分が体の中に入り、体が少し楽になった。


酵素もたっぷり入っていて、体にもとてもいい気がする。

むしろ、市販の酵素ドリンクよりも効果があるかもしれない。

フルーツジュースを買って飲むより、自分でフルーツをジューサーに入れて作った方が栄養価が高いのと同じだ。



ーーーーーーーーーー


追記


自家製酵素ドリンクを飲んだら、便意をもよおした。

これはもしかして!と思い、トイレに向かう。

しかし、なかなか出ない

やっとの思いで踏ん張って出した。

硬くコロコロとした便が若干排出された。


普段は便が硬いことは滅多にないが、なぜ今回は硬かったのだろう。

よくわからないが、こんだけ硬けりゃそりゃ便秘にもなるはずだ。

だって


便器を見たら血が混じっているんだもの!(驚)


便が硬すぎて、なんと切れ痔になってしまったではないか!

トイレットペーパーでお尻を拭くと、インクのような鮮血がついている。

便が出てよかったのかどうなのか、微妙な空気になってしまった。


最終日は、切れ痔という形で幕を閉じた



というわけで、1週間お付き合いいただきありがとうございました!



体重: 47.7kg   初日: 51.7kg

飲み物: 青汁、自作酵素ドリンク